1: そーきそばΦ ★:2013/12/15(日) 12:31:23.77 ID:

 「大和」「武蔵」など旧海軍の艦船を擬人化した美少女キャラクターが戦うオンラインゲーム「艦隊これくしょん―艦これ―」に「母港」として登場する神奈川県横須賀市を、ファンの若者が続々と訪れている。

 海上自衛隊や米海軍第7艦隊が司令部を置く横須賀の観光は、ファンの間では“聖地巡礼”とも呼ばれ、 地元の飲食店なども商機を逃すまいと、関連商品や企画を打ち出している。

 「提督、集まれ」。12日、多くの艦船が停泊する横須賀港を巡る遊覧船。艦これのキャラクター衣装を着た 同市追浜地区観光大使のキキワンさんが号令をかけると、若者4、5人が集まり、撮影会が始まった。「提督」は、ゲームのキャラを操るプレーヤー自身のことだ。

 ゲームは角川ゲームス(本社・東京)が開発・運営。キャラクターを育てて強化し、無敵艦隊を目指す。

 横須賀市はゲームの中で、艦船の母港となる「鎮守府」の一つで、プレーヤーが本拠地とする呉、 佐世保など13地点(14日現在)のうち第1鎮守府の位置づけだ。

 横須賀観光は本物の艦船を間近で見られるのが人気の理由。休暇を取って大津市から来た 会社員(27)は「横須賀で大きなイベントを開いてほしい」と期待する。

読売新聞 12月15日(日)11時39分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131214-00000558-yom-ent
画像
https://livedoor.blogimg.jp/otakugovernance/imgs/8/c/8c4a8d42.jpg

続きを読む