オタクがばなんす

漫画・アニメ・ゲーム・フィギュア・同人・鉄道など、様々なジャンルのネタを2ちゃんねるで収集し、まとめて紹介するオタク系まとめサイトです。


労働条件

【労働】 アニメーターは1日20時間労働、社会保険未加入も。 下村博文文科相「国内の優れたアニメーターが育ちにくい状況が指摘されている」

1:トラネコ◆EDwr815iMY:2014/04/25(金)17:57:26 ID:TpB1wJPEL
「世界に誇る日本のアニメ文化だが、制作現場の労働条件はきわめて劣悪だ」。



日本共産党の田村智子議員は24日の参院文教科学委員会で、アニメーション制作現場の深刻な実態を告発。東京都のアニメ制作会社「A‐1 Pictures」の男性アニメーター(当時28歳)が、2010年10月に過労によるうつ病が原因で自殺した背景に「月600時間(1日あたり20時間)労働」で、残業代も未払いという異常な労務実態があったことを示しました。

田村氏は、アニメーターの賃金は年収200万円未満が9割で、労働時間管理がなされず、社会保険も未加入という事例が多数あったと指摘。「労働条件改善の啓発を行うことが必要ではないか」とただしました。

下村博文文科相は、「国内の優れたアニメーターが育ちにくい状況が指摘されている」と答弁。労働環境の改善に取り組む姿勢を示しました。

詳細のソース
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-04-25/2014042504_03_1.html
続きを読む

【アニメ】夢なきアニメーターの劣悪職場に光は見えるか?会社の“追い出し”に抵抗する社員たちの絶望と執念

1: フッ化水素酸φ ★:2013/02/17(日) 14:53:07.63 ID:

連載第22回は、労働条件が劣悪なことで知られるアニメ業界を取り上げよう。
大手の制作会社の下には、無数の零細企業がひしめく。さらにその下には、年収100~200万円とも
言われるフリーランスのクリエイターがいる。零細制作会社の社員が明かす苦しい労働環境とは??

プライバシー保護のため、取材対象者の人物像が特定され易い情報を掲載しないよう、
編集に配慮していることをご了承いただきたい。

あなたは、生き残ることができるか?

今回のシュリンク業界――アニメ
今や世界に誇る一大産業となった日本のアニメ産業だが、国内市場はシュリンク傾向にある。
少子化や原作となる漫画雑誌の売り上げ減などの影響も考えられるが、不況によりアニメ制作の
仕事の一部を人件費が安い中国などにアウトソーシングする業者が増え、業界全体が
空洞化しつつあることが大きな要因だ。2011年の市場規模は前年比3%増の1581億円。
テレビアニメの制作数は2006年をピークに4年連続で下がり続けたが、2009年に底を打ち、
足もとでは回復の兆しが見えている。

大手の制作会社は、アニメーション制作を柱にしながら、著作権ビジネスや関連グッズの販売などで
業績を維持している。大手は1960年代からアニメ作品を海外へ輸出し、70年代にはすでにこうした
ビジネスモデルを本格化させてきた。

ただし、足もとで業績が好調な一部の大手も、売り上げは時折出る大ヒット作品に依存している
状態であり、かつての勢いはない。ヒット作を持続的に生み出せるかどうかは、今後の課題だ。
また、彼らの下請けとなる零細制作会社の経営環境や、そこで働く社員の労働条件は極めて深刻で
あるが、抜本的な解決には至っていない。

(以下省略)
http://diamond.jp/articles/-/31772

続きを読む
最新コメント
おーぷん2ちゃんねる
おーぷん2ちゃんねる
記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ