1:えりにゃんφ ★ :2015/01/03(土) 11:41:33.88 ???.net
話題のアニメの魅力をクリエーターに聞く「アニメ質問状」。今回は累計1400万部を突破した伝説のマンガをアニメ化した「寄生獣 セイの格率」(日本テレビ)です。12月24日深夜には平均視聴率4.2%(以下関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録した人気深夜特番「明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー」(フジテレビ)の裏番組にもかかわらず、番組最高となる平均2.6%を記録した話題作について、日本テレビの中谷敏夫プロデューサーに魅力を語ってもらいました。

(中略)

--作品を作るうえでうれしかったこと、逆に大変だったことは?

基本的には、プレッシャーだらけですかね(笑い)。

この作品を地上波民放で放送するにあたって、二の足を踏まざるを得ない、絶対的なハードルがあります。それが、表現方法です。

特に、殺りくシーンにおける、斬新なカット割りや、独特な無機質なテイスト。物理的には、アニメで再現できないことはありません。ですが、子供や女性が広くご覧になる可能性がある「テレビ」。さらに、放送法による規制もあります。

そうしたシーンは、ただやみくもにカットしてしまえば楽ですが、それでは、この作品の持つ哲学を語れない。もっと言うと、やる資格がないと思っております。
ですので、カットを一つ一つ、絵を一枚一枚、細部にわたって検討を重ね、気を使って作っております。

おかげで、毎日胃が痛いです(笑い)。



※下記リンクより、一部抜粋。全文はソースで
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141230-00000031-mantan-ent&p=1
続きを読む