オタクがばなんす

漫画・アニメ・ゲーム・フィギュア・同人・鉄道など、様々なジャンルのネタを2ちゃんねるで収集し、まとめて紹介するオタク系まとめサイトです。


漫画家

【漫画】「ONE PIECE」休載、作者・尾田栄一郎氏が急病のため

1: えりにゃんφ ★:2013/03/13(水) 11:30:11.88 ID:

 「週刊少年ジャンプ」(集英社)の3月18日発売号において、人気マンガ「ONE PIECE」が
休載することが13日、わかった。作者・尾田栄一郎氏の急病のためとしている。

 集英社は、同作の休載を公式サイト上で報告し、「楽しみにしていただいている読者の皆様、大変申し訳ございません」と謝罪。同誌18日発売号で休載するが、同誌の目次およびハガキについては、修正が間に合わず「ONE PIECE」の記載が残ったままだとして、「印刷の工程上、修正が間に合いませんでした。重ねてお詫び申し上げます」と再度謝罪している。

 なお、同作は同誌の3月25日発売号から再開予定としている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130313-00000008-rbb-ent
「ONE PIECE」休載について集英社の発表
http://livedoor.blogimg.jp/otakugovernance/imgs/7/3/73f549f5.jpg
続きを読む

【漫画家】これは戦いだ…! 「食べタイ。買ってこい」 水木しげる先生(90歳)がテキサスバーガーを完食する

1: ベガスρ ★:2013/02/02(土) 08:36:57.70 ID:

"これは戦いだ…! 水木しげる先生(90歳)がテキサスバーガーを完食する"

漫画家 水木しげる先生がマクドナルドで販売されている「テキサスバーガー」を食べている様子を、
水木プロダクション公式 Twitter アカウント(https://twitter.com/mizukipro)が画像付きで投稿しています。
これはいい写真…!

ツイートによると、テキサスバーガーのチラシを見た水木先生が、「食べタイ。買ってこい」と指示。
水木先生の次女 悦子さんが買ってきたテキサスバーガーを食べ始めるも、後半はかなり苦戦し、
「戦いだ…!」と言いながらなんとか完食したそうです。
https://twitter.com/mizukipro/status/297211808001953792

ちなみに水木先生は現在90歳(!)。
過去に、水木プロダクションの公式サイト「げげげ通信」で、ドミノピザやケンタッキーフライドチキン、
マクドナルドの「ベーコンレタスバーガー」などを食べる姿も紹介されていました。
http://www.mizukipro.com/2010/01/-1.html

画像
テキサスバーガーと戦う水木先生

げげげ通信 2010年1月25日の記事。ごくり…。


えん食べ 2013/02/01 17:40
http://entabe.jp/news/article/1260
続きを読む

【漫画家】「はだしのゲン」の作者、中沢啓治さん死去

1: THE FURYφ ★:2012/12/25(火) 10:33:32.24 ID:

自分の被爆体験を元にした漫画「はだしのゲン」で有名な漫画家・中沢啓治
(なかざわけいじ)さんが19日、肺がんのため、広島市内の病院で死去した。
73歳だった。葬儀は本人の意向で行わなかった。
中沢さんは広島市出身。6歳の時、爆心地から1.3キロの同市内の
国民学校前で被爆。父と姉、弟を失い、直後に生まれた妹もまもなく
亡くなった。中学卒業後、漫画家を志して上京。1963年のデビュー当初は
原爆体験を秘していたが、66年の母の死への憤りをきっかけに、初めて
原爆を題材にした作品「黒い雨にうたれて」を発表した。
73年に、週刊少年ジャンプ(集英社)に連載を始めた自伝的作品「はだしのゲン」は
単行本だけで650万部を超すベストセラーになり、10カ国語以上に翻訳された。
2009年には「ゲン」を含む全作品の原画を広島平和記念資料館に寄贈。
近年は白内障で漫画の筆を折ったが、被爆体験を語る講演に精力的に取り組んでいた。

http://book.asahi.com/booknews/update/2012122500001.html

続きを読む

【漫画家】「BLEACH」の作者・久保帯人氏が、結婚を発表

1: えりにゃんφ ★:2012/12/22(土) 16:59:39.33 ID:

 「BLEACH」などで知られる漫画家の久保帯人が結婚したことが明らかになった。

 久保は22日より開催されているジャンプフェスタ2013の配布物に寄せたコメントで
「結婚しました。」と報告。結婚時期やお相手には触れていない。

 これを受け、久保のツイッターにはファンから祝福メッセージが続々と寄せられており、
久保は「ありがとうございますー!」と感謝の言葉をつづっている。

 久保は現在、「BLEACH」を週刊少年ジャンプに連載中。死神になってしまった高校生・
黒崎一護の活躍を描いた物語で、テレビアニメ化・アニメ映画化のみならず、ゲーム化も
されている。(編集部・福田麗)
http://www.cinematoday.jp/page/N0048901
ファンから続々と祝福が寄せられている久保帯人のツイッター - 画像はスクリーンショット
http://livedoor.blogimg.jp/otakugovernance/imgs/f/5/f5bed205.jpg

続きを読む

【漫画家】ゆでたまご氏、『キン肉マン』系のアスキーアートを教えられ「しらねえよ著作権違反だね」と明言

1: ◆newsSM/aEE @きよたろーφφφ ★:2012/12/21(金) 18:56:28.57 ID:

[シネマトゥデイ芸能ニュース] マンガ「キン肉マン」の作者として知られるゆでたまごの嶋田隆司が、
2ちゃんねるを中心としたネット上で使われているアスキアート(AA)について「著作権違反だね」と
苦言を呈したことが話題になっている。
http://livedoor.blogimg.jp/otakugovernance/imgs/8/1/81e70ae5.jpg

AAとは、コンピューター上の文字や記号を使って表現された絵のこと。その対象は実在の人物から
アニメなどのキャラクターまで多岐にわたっており、「キン肉マン」のキャラクターでは、
「四次元殺法コンビ」ことペンタゴンとブラックホールの「良い子の諸君!」から始まるAAが最も知られている。

嶋田はこのAAの存在を知らなかったようだが、ツイッター上でファンから知らされると
「しらねえよ著作権違反だね」とバッサリ。

AAについて教えようとするユーザーもいたが、「おれは著作権いはんのものはみないね」と回答している。

今やAAはインターネット上で広く使われているが、このように作者側がはっきり意思表示した例は珍しい。

そのこともあってか、これに対してネット上では「元ネタがキン肉マンだとは知らなかった」というものから、
「見たら公認と思われてしまうから、黙認ということじゃないか」というものまで、さまざまな意見が
交わされている。

シネマトゥデイ
http://www.cinematoday.jp/page/N0048860

【関連情報】
ゆでたまご嶋田隆司のツイッターアカウントでの発言
https://twitter.com/yude_shimada/status/280425143623368705
続きを読む

【漫画家】着陸準備中に「もうやだ、飛び降りる!」 泣き叫ぶ乳児に「ブチ切れて」クレーム…さかもと未明の“搭乗マナー”が物議

1: ゴッドファッカーφ ★:2012/11/20(火) 17:17:22.78 ID:

テレビ番組などでコメンテーターとしても活躍するマンガ家のさかもと未明が雑誌「Voice」に寄せた
「再生JALの心意気」と題した記事が、ネット上で物議を醸している。

同記事は、さかもとが今夏に搭乗したJAL国内線の飛行機の中で起きた出来事を記したもの。
記事によれば、さかもとは機内に同乗していた1歳くらいの乳児が泣き叫んでいたことに耐えられず
「ブチ切れて」しまい、 「もうやだ、降りる、飛び降りる!」と、着陸準備中にもかかわらず席を立ち、
出口に向かって走り始めたのだそう。そしてさらに、乳児の母親に「お母さん、初めての飛行機なら
仕方がないけれど、あなたのお子さんは、もう少し大きくなるまで、飛行機に乗せてはいけません。
赤ちゃんだから何でも許されるというわけではないと思います!」と告げたのだという。

そして、飛行機が着陸した後もさかもとはこの一件について納得がいかなかったようで、JAL側に対応に
関するクレームを入れるとともに、航空法や飛行機の現状を知るべく広報部に取材を申し込んだそう。
整備中の機体などを見学しながら、広報担当者への取材を通じ、なぜ今回のようなことが起きたのかに
ついて確認したという。記事内でさかもとは、泣き叫ぶ乳児を隔離するために防音壁のある個室を設ける
ことは航空法の規定によりできないことや、機内での乗客マナーの周知は冊子を配布して行なっている
ことなど、取材して得た情報を紹介するとともに、「搭乗マナーや機体の工夫について、議論すべき余地は
まだまだあるはず」「航空法や搭乗規定、機内の装備だって数十年前につくられたそのままじゃなく、
改善できるところはすべき」と問題提起した。

さかもとが、記事を通して最も伝えたかったのは、おそらくこの「議論すべき余地」についてだろう。
「いやだなあ。みんなに『嫌なおばさん』と思われる。でも、本当にそう思うんだもの」と、複雑な思いが
ありつつも、問題を提起して、議論が行われることを望んでの行為だった、と読むこともできる。

しかし、さかもとの意に反して、ネット上ではさかもとの振る舞いに対する辛辣なコメントが多く上がっている。
「ただの『嫌なおばさん』じゃなくて『迷惑なおばさん』ですね」「これはひどい。JALの問題にすり替えられているが、 要は筆者の愚痴」「うわあ…。赤ちゃんの泣き声を許容できない心の狭さにも、赤ちゃんをあやすお母さんへの 気遣いのなさにも驚くが、『私のようなクレーマーのわがままを聞くな』とか『航空法を改正しろ』とか意味がわからん…」 などといった批判的な意見が多数見られたほか、脳科学者の茂木健一郎氏も「さかもとさん、これはないよ。無茶苦茶」 「だいたい、1歳の赤ちゃんのふるまいを、コントロールできると思っている大人がいることが信じられない」と苦言。
弁護士の落合洋司氏も「気持ちはわかるが赤ちゃんが泣くのは仕方ないのでは。昔から、泣く子と地頭には勝てぬ、 いうくらいで」とコメントしている。

http://www.rbbtoday.com/article/2012/11/20/98046.html

続きを読む
最新コメント
おーぷん2ちゃんねる
おーぷん2ちゃんねる
記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ