オタクがばなんす

漫画・アニメ・ゲーム・フィギュア・同人・鉄道など、様々なジャンルのネタを2ちゃんねるで収集し、まとめて紹介するオタク系まとめサイトです。


村上春樹

【小説】村上春樹ノーベル文学賞落選

1: ジャストフェイスロック(山梨県):2013/10/10(木) 20:06:05.54 ID:

カナダ人作家 アリス・マンロー受賞

http://www.nobelprize.org/nobel_prizes/literature/laureates/2013/press.pdf

続きを読む

【文芸】村上春樹さん3年ぶりの長編小説『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』発売開始

1: ◆GinGaOoo.. @銀河φ ★:2013/04/12(金) 00:27:23.98 ID:

村上春樹さん新作を発売 3年ぶり、既に50万部

 世界的な人気作家、村上春樹さん(64)の新作小説「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」が12日、発売された。

 村上さんの長編小説の新刊は2010年4月の「1Q84 BOOK3」以来3年ぶり。
版元の文芸春秋によると、事前予約などを受け、発売前に増刷を重ねて発行部数は50万部に上っている。
村上さんや文芸春秋は、作品の内容について事前に明らかにしていない。

 東京都渋谷区の代官山蔦屋書店では、11日午後11時から、
熱烈なファン“ハルキスト”らが村上さんの作品を語るイベントを開催。

村上春樹さん(ロイター=共同)
http://livedoor.blogimg.jp/otakugovernance/imgs/8/b/8bc0ac07.jpg

47NEWS(よんななニュース) 2013/04/12 00:07 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201304/CN2013041101001592.html

村上春樹さん新作発売 多崎つくるは駅をつくる? - 本のニュース | BOOK.asahi.com:朝日新聞社の書評サイト
http://book.asahi.com/booknews/update/2013041100006.html
やっとお目見えした表紙

一番最初に購入した男性。「帰る電車がないのでどこかで読んで朝帰ります」


『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』(村上 春樹・著) | 単行本 | 書籍情報 | 文藝春秋
http://www.bunshun.co.jp/cgi-bin/book_db/book_detail.cgi?isbn=9784163821108
続きを読む

【文芸】村上春樹、新作タイトルは「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」 4月12日発売

1: 三毛猫φ ★:2013/03/15(金) 12:44:36.76 ID:

 小説家・村上春樹の3年ぶりとなる新作長編のタイトルが「色彩を持たない多崎つくると、
彼の巡礼の年」に決定し、4月12日に発売されることが文藝春秋より発表された。15日には
特設サイトもオープンしている。

 特設サイトには村上からのメッセージも掲載。「『1Q84』がいわばジェットコースター的な
物語だったので、それとは少し違うものを書いてみたいという気持ちがありました。それが
どんなものなのか、書いてみないとわからなかったけど」と明かしている。

 同作は村上にとって、2010年の「1Q84 BOOK3」以来3年ぶりの新作。また、文藝春秋から
刊行される初の長編小説となる。(編集部・福田麗)

小説「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」は4月12日発売 税込み価格:1,785円

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130315-00000014-flix-movi

続きを読む

【ラノベ】「SAO」がベストセラーに 春樹より売れてる「川原礫」

1: オムコシφ ★:2012/12/07(金) 11:51:08.29 ID:

2012年のライトノベル売り上げランキングが、「とんでもないことになってる」と話題だ。
オリコンが2012年12月3日、2012年の書籍の売り上げランキングを発表したが、そのライトノベル部門の上位が、ほぼ1つの作品に席巻されてしまった。

圧倒的強さを見せ付けたのは、川原礫さんの『ソードアート・オンライン(SAO)』シリーズ(イラスト・abecさん、電撃文庫)。
約37万部を売り上げた1巻を筆頭に1~6位を制覇、さらに9位・10位にも同シリーズが入り上位8作を独占した。まさに一時の「ハリー・ポッター」を彷彿とさせる人気だ。

今年だけで総計400万部超のヒット作家

『SAO』は2009年に第1巻が刊行され、これまでに全11巻が出ている。
元々ラノベファンの間では人気の作品だったが、2012年7月からはアニメ版も放映されており、これが人気に火を点けたと見られる。今回のランキングにはベスト20までにシリーズ全作がランクインしており、2012年の売り上げ総計は推定301万部に達する。

なおシリーズ別売り上げではSAOに続いて『アクセル・ワールド』(電撃文庫)シリーズが103万部で2位に入ったが、なんとこちらも作者はSAOと同じ川原礫さんだ。
一人で年間400万部以上を売り上げた計算で、文庫の作家別「推定売り上げ数」ランキングでもあの村上春樹さんを抑え、トップの東野圭吾さんとも差のない2位に入る。
まさに日本有数のベストセラー作家なのだ。

オンライン小説からベストセラーに

川原さんは2008年にデビュー。
現在までに出版された作品は「SAO」「アクセル・ワールド」シリーズだけだが、元々はインターネット上で小説を発表しており、上記2作品も当初はオンライン小説として公開されたものだった。

川原さんのこの躍進振りにネット上でも、

「川原一色だな見事に」
「SAO売れすぎだろ…」
「作家別だと三上(延)にダブルスコアかよ つうか村上超えて東野に迫るとか…」
と驚きの声が広がっている。

http://www.j-cast.com/mono/s/2012/12/05156697.html

続きを読む
最新コメント
おーぷん2ちゃんねる
おーぷん2ちゃんねる
記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ