1: オムコシφ ★:2013/01/27(日) 10:02:25.23 ID:

 話題のアニメの魅力をクリエーターに聞く「アニメ質問状」。
今回は、「たまこまーけっと」です。
京都アニメーションの山田尚子監督に作品の魅力を語ってもらいました。
 --作品の概要と魅力は?

 物語は、主人公・北白川たまこと、突然やってきた人の言葉を話す鳥・デラとの出会いから始まります。
たまこは、うさぎ山商店街にある餅屋の娘で、お餅と商店街のことが大好きな女の子。
たまこの家に居つくことになったデラと、たまこの友人たち、商店街の人々たちをめぐる日々を「人と人とのつながり」をテーマに描いています。

 「エブリバディ・ラブズ・サムバディ」「みんな誰かを愛してる」、そんな気持ちに憧れを抱いたり、共感したり、気持ちの行き先を見守ったり……彼女たちの生活をのぞき見てください。

 一人一人、色とりどりな気持ちを抱える登場人物たちの気持ちや声に耳をかたむけながら、のんびり見ていただければうれしいです。

 --アニメにするときに心がけたことは?

 見てくださる方が、見終わったときに「なんだか楽しかったなぁ」と思っていただけるようなアニメにできればと思っていました。
ですので、キャラクターデザインや画面の色味をできるだけポップに、おもちゃ箱がひっくりかえったような感覚というのを大事にしました。

 お話としては、人が人を思う気持ちというテーマに沿って、人の心を大切に描いていくことを心がけています。アニメを見てわくわくするという感覚を「たまこまーけっと」にも感じていただけるような楽しい作品作りを目指しています。

 --作品を作るうえでうれしかったこと、逆に大変だったことは?

 キャラクターができあがって、シナリオができあがって、動きがついて、声が入って音楽が流れて……一つ一つの要素が重なって「たまこまーけっと」になっていくことがとても感慨深いです。
アニメオリジナルの作品なので「はじめまして」という新鮮な空気を見てくださった方に感じていただけるようにと思います。

 --今後のみどころを教えてください。

 物語中盤あたりで南の国から“お付きの子”がたまこたちの住むうさぎ山商店街にやってきそうな気配です。
彼女を迎えて、たまこのまわりが一層にぎやかになるのではないでしょうか。
帰らなければいけないのに、うさぎ山という町が大好きになってしまったデラに変わって、今度は彼女(お付きの子)から見たうさぎ山というところに視線が変化していくと思います。

 --ファンへ一言お願いします。

 たまこの住むうさぎ山商店街は、とてもにぎやかで楽しい商店街です。
落ち込んだりしていても「ちょっと寄っていきな」っていってくれる懐の深さに安心できるようなすてきな場所です。
たまこたちと一緒にうさぎ山商店街を楽しんでいただければ、と思います。

http://m.mantan-web.jp/images/gp.php?item_id=201301256N6&p=2.jpg
http://m.mantan-web.jp/images/gp.php?item_id=201301256N6&p=5.jpg
http://m.mantan-web.jp/images/gp.php?item_id=201301256N6&p=7.jpg

http://m.mantan-web.jp/article.php?d=20130126&k=20130125dog00m200049000c

続きを読む