オタクがばなんす

漫画・アニメ・ゲーム・フィギュア・同人・鉄道など、様々なジャンルのネタを2ちゃんねるで収集し、まとめて紹介するオタク系まとめサイトです。


実写映画化

【映画】 『宇宙戦艦ヤマト』がハリウッドで実写映画化决定、西崎彰司は製作総指揮に

1:えりにゃんφ ★:2014/09/08(月) 12:08:05.59 ???.net
1974年のTVアニメ放送から40周年を迎え、今なお世界中の人々を魅了し続けている『宇宙戦艦ヤマト』のハリウッド実写版『STAR BLAZERS』(仮題)の製作が本格始動したことを、日本の権利元であるボイジャー(代表:西崎彰司氏)が8日、正式に発表した。

『宇宙戦艦ヤマト』は、日本で1974年にTVアニメの放送がスタートし、1975年の再放送時には視聴率50%超えを叩き出す国民的アニメへと成長した。その後のアニメーション映画もヒット作が続き、2012年より『宇宙戦艦ヤマト』第1作をベースに、出渕裕総監督ら新たなスタッフで制作された完全新作アニメーション『宇宙戦艦ヤマト2199』を始動。

2014年10月11日よりTVシリーズを新たな視点で再構築した特別総集編『宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海』、12月6日には完全新作ストーリーのアニメーション映画『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』の公開が控えている。

そして、日本だけでなくアメリカでも『STAR BLAZERS』として1979年9月から1984年4月までテレビ放送され、海外にも多くのファンを生み出している。

今回のハリウッドでの実写化企画は、『ワルキューレ』(2008年)や『アウトロー』(2012年)、『ユージュアル・サスペクツ』(1995年)などヒット作を手がけてきたハリウッドの鬼才、クリストファー・マッカリー監督が、自身の夢だったヤマトの実写映画化を叶えようと、自身と縁の深いハリウッドの映画製作会社「スカイダンス・プロダクションズ」に企画を持ち込んで決定したという。

配給は、ハリウッドのメジャースタジオになる予定で、大規模な世界配給にむけて、巨額の製作費が投じられるプロジェクトとして始動。さらに、今回のプロジェクトには『宇宙戦艦ヤマト』のプロデューサーである西崎彰司氏が製作総指揮として加わる。

マッカリー監督は現在撮影中の『ミッション・インポッシブル5』が完成し次第、『STAR BLAZERS』の制作に本腰を入れる予定。

『ユージュアル・サスペクツ』で第68回アカデミー賞脚本賞を受賞している人物だけに世界の期待値は高く、スカイダンス・プロダクションズが手がけた大型作品『ミッション・インポッシブル』シリーズ、『スタートレック イントゥー ザ ダークネス』(2009年)の予算規模に匹敵する超大作になるという。

(中略)

■タイトル:『STAR BLAZERS』(仮題)
■監督:クリストファー・マッカリー
■製作会社:スカイダンス・プロダクションズ
■エグゼブティブプロデューサー(製作総指揮):西崎彰司、デイビッド・エリソン
■プロデューサー:ダナ・ゴールドバーグ、クリストファー・マッカリー、ジョシュ・ケイ・クライン
■公開日:2017年~2018年頃

(c)西崎義展/2014宇宙戦艦ヤマト2199製作委員会
(c) 2014 Skydance Productions, LLC.

※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140908-00000043-mycomj-ent

続きを読む

【映画】人気少女漫画「好きっていいなよ。」実写映画化決定

1: 禿の月φ ★:2013/07/23(火) 06:07:36.84 ID:

累計発行部数が500万部突破を目前に迫る葉月かなえ氏の人気少女漫画「好きっていいなよ。」が、 実写映画化されることになった。

葉月氏は、「映画化のお話をいただいたとき、夢なんじゃないかって 思って頭の中が真っ白になりました。自分の描いた漫画が有名人さんに、俳優さんに演じていただけるなんて、 本当に本当に恐れ多いといった感じです」と驚きを隠せないでいる。

2008年4月に「月刊デザート」(講談社刊)で連載がスタートした原作は、
同誌史上最速で発行部数100万部を突破した大ヒット漫画。12年10月からは
テレビアニメ化され、好評を博している。

物語の主人公は、16年間も友人、恋人を作らずに生きてきた橘めい。
学校一のモテ男・黒沢大和にケガをさせてしまうが、大和はめいを気に入り
一方的に友だち宣言する。さらに、ストーカーに付きまとわれるめいを救うため、
突発的にキスをする。そんなキスから始まった2人のラブストーリーが描かれていく。

葉月氏は、「ひとりひとりの人間には必ず表と裏があり、だからこそ生きているなかにドラマがたくさん作られていきます。主人公2人の知り合うきっかけはとても少女漫画的かもしれない、でも、知り合って2人のドラマが合わさり、周りが変化し、お互いにどんな感情が生まれるのか、 そこをぜひ皆さんに見ていただきたいです」とコメントを寄せた。

「好きっていいなよ。」は、2014年に全国で公開予定。

ソース:eiga.com
http://eiga.com/news/20130723/3/
画像:実写映画化が決まった「好きっていいなよ。」
続きを読む

【映画】「火垂るの墓」が海外で初の実写映画化!

1: 衛星軌道中立帯@はやぶさφ ★:2012/11/24(土) 18:36:46.96 ID:

スタジオジブリでアニメーション化もされた野坂昭如の小説「火垂るの墓」が、イギリスで
実写映画化されることが明らかになった。同作が海外で実写映画化されるのは初めてのこととなる。

原作は、太平洋戦争末期の神戸を舞台に、幼い兄妹が必死に生きようとした姿を描いた半自伝的小説。
1967年に発表され、第58回直木賞を受賞した。1988年には、高畑勲が監督を務め、スタジオジブリ
によりアニメーション映画化。同じくスタジオジブリによる宮崎駿監督作『となりのトトロ』と同時
上映されている。

Screenによると、映画化権を獲得したのはイギリスの映画会社Dresden Pictures。プロデューサーを
務めるのは同社のリアム・ガルボとジェームズ・ヒースで、撮影は2014年中に行われるという。

原作は、2005年に松嶋菜々子出演でテレビ映画として実写化されているほか、2008年には日向寺太郎
監督により映画化。だが、日本国外で実写映画化されるのは今回が初めてのこととなる。

ソース・シネマトゥデイ
http://www.cinematoday.jp/page/N0048048

続きを読む
最新コメント
おーぷん2ちゃんねる
おーぷん2ちゃんねる
記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ