オタクがばなんす

漫画・アニメ・ゲーム・フィギュア・同人・鉄道など、様々なジャンルのネタを2ちゃんねるで収集し、まとめて紹介するオタク系まとめサイトです。


休刊

【漫画】 休刊「IKKI」連載作の今後が明らかに、今冬には新雑誌

1:えりにゃんφ ★:2014/07/25(金) 09:36:32.07 ???.net
9月25日発売の11月号にて休刊することが発表された月刊IKKI(小学館)。本日7月25日に発売された同誌9月号で、連載作品の今後について発表された。



小学館の他雑誌にて連載が継続されるのは松本大洋「Sunny」、青野春秋「スラップスティック」、林田球「ドロヘドロ」、中川いさみ「ネッコロ」、三浦靖冬「薄花少女」、オノ・ナツメ「ふたがしら」、中田春彌「Levius」、松本剛「ロッタレイン」の8作品。そのほかWEBマンガサイトのWEBイキパラCOMICにて配信中のいがらしみきお「今日を歩く」も、1月以降他雑誌で発表される。

また山田太一原作による新井英樹「空也上人がいた」と道満晴明「ニッケルオデオン」は8月発売の10月号にて、青野春秋「IKKIと私」、中央ヤンボル「くま夫婦」、ノッツ「SONGBOOK」、長田亜弓「のうけん」、吉野朔実「period」、スエカネクミコ「放課後のカリスマ」は11月号にて、それぞれ最終回を迎える。「IKKIと私」と「くま夫婦」以外の作品は、単行本化が予定されているとのこと。

さらに有永イネ「鬼さん、どちら」、榎本俊二「火事場のバカIQ」、芳崎せいむ「金魚屋古書店」、えすとえむ「Golondrina -ゴロンドリーナ-」、小林じんこ「JUNKIN' GAP CLASH」、松島直子「すみれファンファーレ」、重松成美「BABEL」は10月号または11月号以降、加筆されたうえで単行本化される予定。また内田百ケン(ケンの漢字はもんがまえに月)原作による一條裕子「阿房列車」、白井弓子「WOMBS」、西島大介「ディエンビエンフー」といった単行本描き下ろし作品も、完成次第リリースされていく。

そのほか今号のIKKIの巻末では、今冬に新雑誌が始動することも明らかに。たなと、トウテムポール、西尾雄太、細川貂々、山田酉子といったメンバーによる新連載が予定されているとのこと。

詳細はIKKI11月号にて発表される。

http://natalie.mu/comic/news/121972
続きを読む

【漫画】 小学館の漫画誌「月刊IKKI」休刊へ

1:〈(`・ω・`)〉Ψ ★:2014/07/20(日) 18:51:37.32 ???.net
小学館は漫画誌「月刊IKKI」を9月25日発売の11月号を最後に休刊することを、20日までに決めた。

同誌は2000年に隔月刊の増刊号として出発し、03年に独立月刊化。五十嵐大介さんの「海獣の子供」、林田球さんの「ドロヘドロ」などを連載してきた。

販売部数の落ち込みなどが休刊の理由という。



2014年07月20日 18時33分 YOL
http://www.yomiuri.co.jp/culture/20140720-OYT1T50103.html
続きを読む

【業界】漫画誌 休刊続く 収支合わせるのが難しく

1: 白夜φ ★:2013/02/11(月) 20:38:10.09 ID:

漫画誌 休刊続く 収支合わせるのが難しく  2013年2月11日 朝刊

出版不況の中、漫画雑誌の減少が止まらない。大人向けの漫画誌「漫画サンデー」(実業之日本社)が、十九日発売の三月五日号を最後に休刊する。
漫画がまず雑誌に連載されて単行本になり、アニメや映画になることで利益を上げていくビジネスの形は、曲がり角に来ている。 (岩岡千景)

漫画サンデーは、週刊少年サンデー(小学館)や少年マガジン(講談社)と同じ一九五九年に創刊。
昨年十二月まで二十四年間、連載された新田たつおさんの「静かなるドン」や、畑中純さんの「まんだら屋の良太」などのヒット作を生み出してきた。
過去には手塚治虫さんや水木しげるさん、藤子不二雄(A)さん、つげ義春さんらも作品を発表してきた。

だが近年は売れ行きが伸び悩み、昨年六月から週刊を隔週刊に。
休刊を決めた理由を編集長の森川和彦さんは「漫画は今、雑誌では大半が赤字。単行本化され、アニメなどになって採算が取れる。
だが、うちは読者の年齢層が四十代後半以上と高く、単行本を買わない層のため、収支を合わせるのが難しくなった」と説明する。

漫画サンデーで「胃食・道源」を執筆中の漫画家土山しげるさん(62)は
「三十年以上の付き合いがあった。最初に掲載された頃は漫画が雑誌でも単行本でも売れるいい時代だった。休刊は非常に残念」と寂しげに話す。

二〇〇八年には週刊ヤングサンデー(小学館)が、一〇年には週刊コミックバンチ(新潮社)が休刊に。
出版科学研究所によると、休刊した漫画誌は二〇一二年は十四点。一一年は十点、一〇年は二十三点あった。

「スマートフォン(多機能携帯電話)などを使う人が増えて娯楽が多様化し、漫画誌の市場は確実に縮小している」と、同研究所研究員の若林秀樹さんは話す。
漫画誌全体の売上額も、一九九五年の三千三百五十七億円をピークに減少し、二〇一一年には千六百五十億円まで落ち込んだ。

評論家で日本マンガ学会会長の呉智英(くれともふさ)さんは「漫画サンデーは、大衆食堂や田舎の喫茶店に置かれてきた庶民的な雑誌だった。
看板の『静かなるドン』も連載が長期になり、物語の最初が分からなくて新たな読者が付かず、限界に来たのだろう。
不況で広告が入らず、売れる単行本も限られ、同様に懐具合の厳しい漫画誌は多い」と話す。

出版不況の中の漫画産業を描いた「なる☆まん!」作者の漫画家・山野車輪さんは「ビッグコミックオリジナルや週刊少年ジャンプなど、今も人気の漫画誌はある。
ただネットで情報が安く簡単に手に入る今、人がお金を出すのは漫画界では機動戦士ガンダムやONE PIECE(ワンピース)などブランド化した作品になってきており、
こうした作品がない漫画誌は厳しいだろう」と指摘する。

「マンガ進化論」の著書があるライターの中野晴行さんは「最近は漫画も電子書籍への移行が話題になるが、どんな作品をどう売っていくか、明確な商業戦略がないのが実情。
日本の漫画作品には海外でも人気を集める力がある。出版界などは海外も視野に市場を分析し、漫画産業を発展させる戦略を立ててほしい」と提言している。
_____________

▽記事引用元 東京新聞 TOKYO Web
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013021102000114.html

続きを読む

【漫画】「漫画サンデー」 2月19日発売号で休刊 通巻2795号

1: あやめφ ★:2013/01/08(火) 18:24:53.76 ID:

漫画サンデー(実業之日本社)の休刊が決定した。2月19日発売の第5号、通巻2795号目が
最終号となる。

1959年に創刊された漫画サンデーは、2012年まで週刊ペースで刊行。同年6月5日発売の
23号からは、月2回刊へと発行形態が変更されていた。新田たつお「静かなるドン」などの
名作を輩出し、近年の作品では我孫子武丸原作・西崎泰正作画「監禁探偵」は、2013年初夏公開で
実写映画化が決定している人気作を誇った。

連載作品の多くは最終号をもって完結。一部の未完になる作品については、WEBなどで
継続していくか対応が検討されている。

コミックナタリー
http://natalie.mu/comic/news/82778
漫画サンデー
http://www.man-sun.jp/

続きを読む
最新コメント
おーぷん2ちゃんねる
おーぷん2ちゃんねる
記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ