オタクがばなんす

漫画・アニメ・ゲーム・フィギュア・同人・鉄道など、様々なジャンルのネタを2ちゃんねるで収集し、まとめて紹介するオタク系まとめサイトです。


ハリウッド

【映画】 「マクロス」再編アニメ『ロボテック』米実写版、再始動! 脚本家が決定

1:えりにゃんφ ★ :2015/02/07(土) 00:03:30.88 ID:???.net
アメリカのハーモニーゴールドUSA社が、日本のアニメ『超時空要塞マクロス』『超時空騎団サザンクロス』『機甲創世記モスピーダ』の3作品を再編し、1980年代にアメリカでテレビ放送され人気を博した『Robotech(原題)』。かねてより浮上しては沈んだハリウッド実写版の企画が、遂に再始動するという。DeadlineやColliderなどが報じた。

米ワーナー・ブラザースで何度か試みられていた実写映画化が、ワーナー・ベースの製作会社ハリウッドギャング・プロダクションのジャンニ・ヌナリとマーク・キャントンの製作で進められるという。脚本は『300 <スリーハンドレッド>』(07)や『G.I.ジョー』(09)のマイケル・B・ゴードンが執筆するとのこと。監督は未定だが、製作側は『MAMA』(14)のアンディ・ムスキエティの起用を望んでいるそうだ。

2007年頃より、サム・ライミ版『スパイダーマン』シリーズの俳優トビー・マグワイアや『ニューヨーク 冬物語』(14)のアキヴァ・ゴールズマンらにより実写版の製作が進められ、2013年にはCMディレクターのニック・マチューがメガホンを取ると伝えられた。その後、話は立ち消えになっていた。



※下記リンクより一部抜粋。全文・関連記事はソースで
http://www.crank-in.net/movie/news/35191
続きを読む

【社会】ロボコップが岡山中央署で一日署長

1: 桂べがこφ ★:2014/02/02(日) 21:45:40.52 ID:

 "ロボコップ街頭啓発 岡山中央署一日署長"

 米アクション映画「ロボコップ」の日本公開に先駆け、来日した主演のロボット警官「ロボコップ」が1日、 岡山中央署の一日署長を務めた。映画はデトロイトを舞台に、職務中に重傷を負った警官が、 最新技術で「半分人間、半分ロボット」となって活躍する姿を描く。

 漆黒のスタイリッシュなスーツをまとったロボコップは、岡山市中区浜の同署庁舎で 野上幹夫署長から委嘱状を受け取り、「しっかり任務を果たしたい。県民の協力に感謝する」と気合を入れた。
 その後、街頭に出て地元の子どもたちやボランティアとともに、防犯グッズをドライバーらに配り、 飲酒運転の撲滅や振り込め詐欺に注意するよう呼びかけた。

 映画公開は3月14日で、ロボコップは現在、日本各地の警察署を回って現場の警察官を激励中。 ロボコップと一緒に防犯を呼びかけた保育園児の松原悠雅(ゆうが)君(5)は「映像よりかっこよかった」と笑顔だった。


http://livedoor.blogimg.jp/otakugovernance/imgs/c/e/ce5f2f36.jpg
2014年2月2日
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/okayama/news/20140201-OYT8T01022.htm
続きを読む

【芸能】『仮面ライダーオーズ』のヒロイン・高田里穂がハリウッドで大出世

1: 禿の月φ ★:2013/12/30(月) 20:22:38.09 ID:

 『仮面ライダーオーズ/OOO』(2010年)のヒロイン・泉比奈役を好演した 女優の高田里穂(19)が、米映画『リッキー2』(2014年夏、全米100館で 公開予定)のヒロイン役に大抜てきされた。

 高田は、今年9月下旬から演技の勉強を目的に、そして「3ヶ月以内に オーデションに合格し現地のドラマや映画の出演を勝ち取る」ことを目標に ハリウッドへ移住。その挑戦の過程は日本テレビのドキュメントバラエティー『ウーマン・オン・ザ・プラネット』(毎週土曜 後11:30)で放送されてきた。

 渡米後、本場の映画学校で演技を学びながら、高田が受けたオーデションは 200以上。全て不合格に終わり、一度は自暴自棄になったこともあった。 藁(わら)をもつかむ思いで乗り込んだエージェントで『リッキー2』の ヒロインオーディションに参加する権利を得て、見事、合格したのだった。

 同映画は、役者をやっている主人公リッキーが巻き起こすラブコメディー『リッキー』の続編。高田は、ヒロイン・ミシェル役で20代半ばの美しく内気で 純真な日本人を演じる。

 高田は「とにかく、がむしゃらに過ごした3ヶ月でした。毎日悩み、泣き、たまに喜んで、 目標を達成するための道のりはこんなにつらいのだと、これまでの自分の甘さを痛感しました。でも、不思議と一度も、日本に帰りたいとは思いませんでした。一人の19歳の人間として、 自分を見直すことができた日々でもありました」と振り返り、「演じる心に、英語も日本語も 関係ないと思うので、私の全てを注ぎ込むつもりで、ミシェルになりきりたいと思います」と意気込む。

 高田は、2007年、第10代早稲田塾ガールにて芸能界デビュー。
ティーン誌『ピチレモン』(学研パブリッシング)の専属モデルとなり、
『仮面ライダーオーズ』をはじめ、ドラマや映画、CM等に出演。
NHK Eテレ『高校講座 化学基礎』ではMCを務めている。

ソース:ORICON STYLE(オリコンスタイル)
http://www.oricon.co.jp/news/2032604/full/
画像:米映画『リッキー2』にヒロイン役で出演する高田里穂
http://livedoor.blogimg.jp/otakugovernance/imgs/4/e/4e0f25df.jpg
続きを読む

【映画】「宇宙戦艦ヤマト」がハリウッド実写映画化!!!!

1: バズソーキック(東京都):2013/10/31(木) 19:07:38.80 ID:

http://www.cinematoday.jp/page/N0057724
 「宇宙戦艦ヤマト」がハリウッド実写映画化!監督&脚本に『アウトロー』のクリストファー・マッカリー
2013年10月31日 18時51分

 [シネマトゥデイ映画ニュース] 映画『ワールド・ウォー Z』などの製作会社スカイダンス・プロダクションズが、 人気アニメ「宇宙戦艦ヤマト」のハリウッド実写映画版の監督に『アウトロー』のクリストファー・マッカリーを 抜てきしたとFacebookで発表した。

 Deadline.comによると、『ユージュアル・サスペクツ』で第68回アカデミー賞脚本賞を受賞したマッカリーは監督のほか、 脚本とプロデューサーも兼任。エグゼクティブプロデューサーには、『スター・トレック イントゥ・ダークネス』のポール・ シュウェイクのほか、アニメ「宇宙戦艦ヤマト」を手掛けた西崎義展の養子である西崎彰司も名を連ねているという。 スカイダンス・プロダクションズにとっては『ワールド・ウォー Z』『スター・トレック イントゥ・ダークネス』『G.I.ジョー バック2 リベンジ』などに続く超大作になる予定だ。

 「宇宙戦艦ヤマト」は1974年に日本テレビ系で放送され、現在でも絶大な人気を誇るアニメ。アメリカでは「Star Blazers」というタイトルで知られている。2010年にはSMAPの木村拓哉主演で実写映画化されたことでも話題を呼んだ。

(編集部・市川遥)

続きを読む

【映画】渡辺謙ハリウッド8作目は「GODZILLA」

1: 禿の月φ ★:2013/03/19(火) 05:18:07.67 ID:

俳優、渡辺謙(53)が、ハリウッドで再リメークされる映画「GODZILLA」(ギャレス・エドワーズ監督、来年公開)にメーンキャストの1人として出演することが18日、分かった。渡辺のハリウッド出演は、2011年8月公開の「シャンハイ」以来で、通算8本目。日本を代表する怪獣映画で、渡辺が日本人を代表して大暴れしてくれそうだ。

渡辺が、久々にハリウッド映画に挑戦する。
一昨年3月の東日本大震災以降、「いま日本を離れるべきじゃない」と活動の拠点を米ロサンゼルスから日本に移していた渡辺だったが、8本目の海外作品として選んだのは、日本を代表する特撮怪獣映画のリメークだ。

今回、渡辺が出演するハリウッド版「ゴジラ」は、ローランド・エメリッヒ監督(57)がメガホンを撮った1998年公開の映画「GODZILLA」に続き、再びハリウッドが日本の名作リメークに挑む意欲作。

日本の「ゴジラ」といえば、1954~2004年まで28作品が作られ、国内のみならず、世界中のファンを魅了。身長50メートルを超える怪獣王・ゴジラがスクリーンいっぱいに暴れ回る姿は、当時、大人から子供まで興奮させた。

今月中にも撮影に入るとみられている同作。ゴジラの形状や出演者も含め、多くが謎に包まれているが、現時点で、映画「キック・アス」で知られる英俳優アーロン・ジョンソン(22)、「グッドナイト&グッドラック」で知られる米女優、デヴィッド・ストラザーン(64)、96年の映画「イングリッシュ・ペイシェント」でアカデミー賞助演女優賞に輝いた仏女優ジュリエット・ビノシュ(49)、オルセン姉妹の妹、エリザベス・オルセン(24)、米俳優のブライアン・クランストン(57)らそうそうたる面々が出演交渉中として名前が挙がっている。実力派がそろう中、渡辺がどんな役で、どんな演技を見せてくれるのか注目だ。
ソース:SANSPO.COM(サンスポ・コム)
http://www.sanspo.com/geino/news/20130319/oth13031905100016-n1.html
http://www.sanspo.com/geino/news/20130319/oth13031905100016-n2.html
画像:映画「GODZILLA」にメーンキャストの1人として出演する渡辺謙
http://livedoor.blogimg.jp/otakugovernance/imgs/1/f/1f7034d9.jpg
おなじみの日本版ゴジラ。今回のGODZILLAは果たして…
http://livedoor.blogimg.jp/otakugovernance/imgs/a/d/ad258d5d.jpg
続きを読む

【映画】新作『ゴジラ』、「前のリメイクとは全然違う」脚本家が断言

1: ◆Penguin/Js @( ´ヮ`)<わはーφ ★:2013/01/26(土) 19:20:33.44 ID:

 今年3月から撮影がスタートするハリウッドのリメイク版「Godzilla(原題)」について、
脚本の手直し担当した「ショーシャンクの空に」「プライベート・ライアン」「グリーンマイル」で
ペンを執り、オスカー・ノミネーションを3度受けているフランク・ダラボンが、米映画サイト
Collider.comの取材を受けて、かなり詳細を語っていることが明らかになった。
 日本が誇る怪獣・ゴジラの映画は、1998年に「GODZILLA ゴジラ」というタイトルで、
大作好きな監督ローランド・エメリッヒがハリウッド・リメイクをしたが、登場するゴジラが
爬虫類を想像させるデザインで、日本だけでなく海外のオリジナル・ファンから不評を買った。
だが昨年7月のサンディエゴの「コミコン」で公開された新作リメイクの映像では、日本版に
忠実なシルエットが映し出されており、ファンの大好評を得ている。今回は3D作品になること、
2014年5月16日に全米公開されることもすでに決定しており、新たなるハリウッド版
「Godzilla(原題)」への期待は高まる一方だ。
 取材を受け、ダラボンは次のようにコメントしている。「『ゴジラ』について我々が学んだことは、
あの怪獣が広島と長崎に起こったことのメタファーであるということなんだ。その2都市に
起こった出来事に対する自然の巨大な力が生み出したものがゴジラだったということだ。
日本は素晴らしく、また奇抜な理解と想像力でゴジラを作り上げている。ゴジラは日本にとって
マスコット的存在になり、また守護神にもなった。おそらく今回の映画には彼に立ちはばかる
醜い怪物が現れるだろうが、彼は日本を守るために、そいつとも戦うことを辞さないだろう。
我々が今回の作品でやろうとしているのは、古臭くないように表現することだった。
ゴジラを自然が生み出した巨大な脅威という風にとらえているんだ。また、私が入れ込んだのは
ロマンスやブロマンスと呼ばれる熱い人間関係のドラマで、とにかく前にリメイクされた作品とは
全然違うものになっている。脚本家としてはとてもエキサイティングな作品だよ」。

 また、原爆以外の現代が抱える問題についての問いに対しては「もちろん、それらを無視して
脚本を描いたつもりはない」ときっぱり。
 新たな「Godzilla」の監督に抜てきされたのは、「モンスターズ/地球外生命体」の
ギャレス・エドワーズだが、大物監督であり脚本家のダラボンの参加によって、
より深みを増した作品に仕上がることがおおいに期待できそうだ。

ソース:クランクイン!
http://www.crank-in.net/movie/news/22849

続きを読む

【映画】実写版『ロボテック』ワーナーが監督決定!「マクロス」「サザンクロス」「モスピーダ」をベースにした人気アニメシリーズ

1: ◆GinGaOoo.. @銀河φ ★:2013/01/25(金) 12:43:31.92 ID:

実写版「ロボテック」ワーナーが監督決定 米誌が報道

米国のエンタテイメント情報の大手ハリウッドレポーター(The Hollywood Reporter)が、
実写版『ロボテック(Robotech)』の最新情報を伝えている。
『ロボテック』は日本のロボットアニメをベースにした往年の人気テレビアニメシリーズだが、
かねてよりハリウッドで大作実写化映画化するとの話が浮上していた。
今回の報道から、この実写版『ロボテック(Robotech)』の企画がいまだにアクティブ進行していることが窺われる。

ハリウッドレポーターによれば、映画の製作を担当するワーナー・ブラザース映画はこのほど
本作の監督にニック・マシュー(Nic Mathieu)を決定した。
これまで本作の企画では、脚本家やプロデューサーの名前が数多く挙がってきたが、
監督の名前がメディアで言及されるのは初めてになる。今後のプロジェクトの行方に大きな関心が集まりそうだ。

『ロボテック(Robotech)』は、1980年代に日本の人気ロボットアニメ『超時空要塞マクロス』、『超時空騎団サザンクロス』、『機甲創世記モスピーダ』の3作品を米国のハーモニーゴールド社が独自に再編成したテレビシリーズである。
世界各国でテレビ放映され、現在に至るまでカルト的な人気を博している。
海外では、独自の続編映画なども製作されている。

実写映画化の企画は、2007年に米国のメディアで報道されて以来、たびたび噂になってきた。
2007年には、日本のロボット玩具から派生した『トランスフォーマー』が公開され大ヒットになっている。
これに刺激されたワーナー・ブラザース映画、同じ日本起源のロボットアニメ『ロボテック』に目をつけたと見られている。
ハリウッドレポーター誌でも、実現すれば『トランスフォーマー』並みのビジネスが狙えると言及している。今後の行方から目が離せない。

アニメ!アニメ! 2013年1月25日(金) 11時59分
http://animeanime.jp/article/2013/01/25/12781.html

続きを読む

【映画】ロボットアニメ「大空魔竜ガイキング」がハリウッド実写映画化!

1: ◆GinGaOoo.. @銀河φ ★:2012/12/19(水) 13:00:57.63 ID:

ロボットアニメ「ガイキング」がハリウッド実写映画化!『ターミネーター』プロデューサーが製作

 1976年に放送されたロボットアニメ「大空魔竜ガイキング」がハリウッド実写映画化されることが明らかになった。
同作は東映アニメーション初のオリジナルロボットアニメであり、同社の代表作の一つ。
プロデューサーには『ターミネーター』『アルマゲドン』などで知られるゲイル・アン・ハードが名を連ねている。

 「大空魔竜ガイキング」は、スーパーロボット・ガイキングのパイロットとなった青年が人類を救うため、
地球侵略をもくろむエイリアンたちと戦うさまを描いた作品。2005年には世界観を一新したアニメ
「ガイキング LEGEND OF DAIKU-MARYU」も放送されるなど、現在に至るまで根強い人気を誇っている。

 ハリウッド映画化に際しては、東映アニメーション、オールニッポン・エンタテインメントワークス(ANEW)、
ゲイル率いるヴァルハラ・エンタテインメントが共同で企画を開発。チーフ・プロデューサーを務めるゲイルは
「『ガイキング』に携われることを非常にうれしく思います。これは、日本屈指のコンテンツを世界中の観客に披露できる、とても大きな一歩になります」とのメッセージを寄せている。

 また、東映アニメーションからはアニメ「ラブ★コン」の池澤良幸、そしてアニメ「聖闘士星矢」の監督として知られる森下孝三が製作に参加する。
池澤良幸プロデューサーは「ガイキングは、長年にわたってグローバルに最も愛されてきたロボットアニメシリーズです」と本作に白羽の矢を立てた理由を説明すると、「また本作品が数多くの東映アニメの作品の実写化の第1作目になることを祈っています」とコメントした。

 「機動戦士ガンダム」「新世紀エヴァンゲリオン」をはじめ、日本のロボットアニメには世界中に多くのファンがいる。
「ガイキング」のハリウッド実写映画化が、そうしたコンテンツを世界に紹介するきっかけの一つになることを願いたい。(編集部・福田麗)

シネマトゥデイ 2012年12月19日 12時02分
http://www.cinematoday.jp/page/N0048793
続きを読む
最新コメント
おーぷん2ちゃんねる
おーぷん2ちゃんねる
記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ