オタクがばなんす

漫画・アニメ・ゲーム・フィギュア・同人・鉄道など、様々なジャンルのネタを2ちゃんねるで収集し、まとめて紹介するオタク系まとめサイトです。


ゴジラ

【映画】 新ゴジラの脚本・総監督は庵野秀明、監督は樋口真嗣!

1:◆sRJYpneS5Y:2015/04/01(水)17:43:24 ???
今や世界中から注目を集める“ゴジラ”の日本版最新作の脚本・総監督を「エヴァンゲリオン」シリーズの生みの親である庵野秀明が務めることがわかった。

また、監督と特技監督は樋口真嗣が務める。樋口は高校卒業後に『ゴジラ』(84)のスタッフとして映画界入りし、『ガメラ 大怪獣空中決戦』(95)などで特技監督を担当した。監督としても『日本沈没』(06)『のぼうの城』(12)などの大ヒット作を生み出し、今年8月、9月には『進撃の巨人』2部作の公開が控える。

庵野と樋口は、30年来の盟友であり、2012年には庵野が企画、脚本を担当し、樋口が監督を務めた『巨神兵東京に現わる』が大評判を獲得するなど、2人が作り上げた作品の完成度は折り紙つきだ。



※下記リンクより一部抜粋。全文・関連記事はソースで
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150401-00000005-mvwalk-movi
2:名無しさん@おーぷん:2015/04/01(水)17:44:58 lsc
後味悪い終わりかたはいやどす
3:名無しさん@おーぷん:2015/04/01(水)17:46:09 Ktv
庵野さんはゴジラもやるの?
永井豪とウルトラマンが専門だと思ってたわ
続きを読む

【カッコイイ】 台湾の学生が落ち葉で「ゴジラ」のフィギュアを制作!! ハイクオリティすぎて絶賛の嵐

1:◆sRJYpneS5Y:2014/05/12(月)20:26:14 ID:8bwrUWDaB
人類にとって元祖特撮怪獣と言えば何と言っても「ゴジラ」!

世界中で愛されているゴジラは、2014年にはハリウッド版『ゴジラ』の公開を控えており、今か今かと待ちわびている人も多いだろう。

そんなゴジラファンの間であるファンアートが注目を浴びている。
台湾の学生が、ゴジラとキングギドラのフィギュアを制作したのだ。

その素材はなんと「落ち葉」!!葉っぱで超ハイクオリティな3Dゴジラを作っちゃったのである。





続きはこちらから
http://rocketnews24.com/2014/05/12/440786/
続きを読む

【映画】渡辺謙ハリウッド8作目は「GODZILLA」

1: 禿の月φ ★:2013/03/19(火) 05:18:07.67 ID:

俳優、渡辺謙(53)が、ハリウッドで再リメークされる映画「GODZILLA」(ギャレス・エドワーズ監督、来年公開)にメーンキャストの1人として出演することが18日、分かった。渡辺のハリウッド出演は、2011年8月公開の「シャンハイ」以来で、通算8本目。日本を代表する怪獣映画で、渡辺が日本人を代表して大暴れしてくれそうだ。

渡辺が、久々にハリウッド映画に挑戦する。
一昨年3月の東日本大震災以降、「いま日本を離れるべきじゃない」と活動の拠点を米ロサンゼルスから日本に移していた渡辺だったが、8本目の海外作品として選んだのは、日本を代表する特撮怪獣映画のリメークだ。

今回、渡辺が出演するハリウッド版「ゴジラ」は、ローランド・エメリッヒ監督(57)がメガホンを撮った1998年公開の映画「GODZILLA」に続き、再びハリウッドが日本の名作リメークに挑む意欲作。

日本の「ゴジラ」といえば、1954~2004年まで28作品が作られ、国内のみならず、世界中のファンを魅了。身長50メートルを超える怪獣王・ゴジラがスクリーンいっぱいに暴れ回る姿は、当時、大人から子供まで興奮させた。

今月中にも撮影に入るとみられている同作。ゴジラの形状や出演者も含め、多くが謎に包まれているが、現時点で、映画「キック・アス」で知られる英俳優アーロン・ジョンソン(22)、「グッドナイト&グッドラック」で知られる米女優、デヴィッド・ストラザーン(64)、96年の映画「イングリッシュ・ペイシェント」でアカデミー賞助演女優賞に輝いた仏女優ジュリエット・ビノシュ(49)、オルセン姉妹の妹、エリザベス・オルセン(24)、米俳優のブライアン・クランストン(57)らそうそうたる面々が出演交渉中として名前が挙がっている。実力派がそろう中、渡辺がどんな役で、どんな演技を見せてくれるのか注目だ。
ソース:SANSPO.COM(サンスポ・コム)
http://www.sanspo.com/geino/news/20130319/oth13031905100016-n1.html
http://www.sanspo.com/geino/news/20130319/oth13031905100016-n2.html
画像:映画「GODZILLA」にメーンキャストの1人として出演する渡辺謙
http://livedoor.blogimg.jp/otakugovernance/imgs/1/f/1f7034d9.jpg
おなじみの日本版ゴジラ。今回のGODZILLAは果たして…
http://livedoor.blogimg.jp/otakugovernance/imgs/a/d/ad258d5d.jpg
続きを読む

【映画】新作『ゴジラ』、「前のリメイクとは全然違う」脚本家が断言

1: ◆Penguin/Js @( ´ヮ`)<わはーφ ★:2013/01/26(土) 19:20:33.44 ID:

 今年3月から撮影がスタートするハリウッドのリメイク版「Godzilla(原題)」について、
脚本の手直し担当した「ショーシャンクの空に」「プライベート・ライアン」「グリーンマイル」で
ペンを執り、オスカー・ノミネーションを3度受けているフランク・ダラボンが、米映画サイト
Collider.comの取材を受けて、かなり詳細を語っていることが明らかになった。
 日本が誇る怪獣・ゴジラの映画は、1998年に「GODZILLA ゴジラ」というタイトルで、
大作好きな監督ローランド・エメリッヒがハリウッド・リメイクをしたが、登場するゴジラが
爬虫類を想像させるデザインで、日本だけでなく海外のオリジナル・ファンから不評を買った。
だが昨年7月のサンディエゴの「コミコン」で公開された新作リメイクの映像では、日本版に
忠実なシルエットが映し出されており、ファンの大好評を得ている。今回は3D作品になること、
2014年5月16日に全米公開されることもすでに決定しており、新たなるハリウッド版
「Godzilla(原題)」への期待は高まる一方だ。
 取材を受け、ダラボンは次のようにコメントしている。「『ゴジラ』について我々が学んだことは、
あの怪獣が広島と長崎に起こったことのメタファーであるということなんだ。その2都市に
起こった出来事に対する自然の巨大な力が生み出したものがゴジラだったということだ。
日本は素晴らしく、また奇抜な理解と想像力でゴジラを作り上げている。ゴジラは日本にとって
マスコット的存在になり、また守護神にもなった。おそらく今回の映画には彼に立ちはばかる
醜い怪物が現れるだろうが、彼は日本を守るために、そいつとも戦うことを辞さないだろう。
我々が今回の作品でやろうとしているのは、古臭くないように表現することだった。
ゴジラを自然が生み出した巨大な脅威という風にとらえているんだ。また、私が入れ込んだのは
ロマンスやブロマンスと呼ばれる熱い人間関係のドラマで、とにかく前にリメイクされた作品とは
全然違うものになっている。脚本家としてはとてもエキサイティングな作品だよ」。

 また、原爆以外の現代が抱える問題についての問いに対しては「もちろん、それらを無視して
脚本を描いたつもりはない」ときっぱり。
 新たな「Godzilla」の監督に抜てきされたのは、「モンスターズ/地球外生命体」の
ギャレス・エドワーズだが、大物監督であり脚本家のダラボンの参加によって、
より深みを増した作品に仕上がることがおおいに期待できそうだ。

ソース:クランクイン!
http://www.crank-in.net/movie/news/22849

続きを読む
最新コメント
おーぷん2ちゃんねる
おーぷん2ちゃんねる
記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ