オタクがばなんす

漫画・アニメ・ゲーム・フィギュア・同人・鉄道など、様々なジャンルのネタを2ちゃんねるで収集し、まとめて紹介するオタク系まとめサイトです。


ウルトラマン

【ウルトラマン】 居酒屋「怪獣酒場」JR川崎駅前にオープン

1:アヘ顔ダブルピースφ ★:2014/03/13(木) 21:21:59.90 ???
川崎駅前に「怪獣酒場」 ウルトラマンファン集まれ!

「ウルトラマン」シリーズに登場する怪獣や宇宙人をテーマにした居酒屋「怪獣酒場」が14日、川崎市のJR川崎駅前にオープンする。関係者に13日、店内の様子が公開された。



円谷プロダクションが監修した怪獣酒場は、ヒーローに倒された怪獣たちが集う「架空の店」を地球人にも開放するというコンセプトで、1年限定で営業。

怪獣は店内に登場しないが、200体以上の怪獣のフィギュアやパネル写真などを展示した「怪獣エリア」、シリーズに登場した宇宙人を紹介する「宇宙人エリア」などが設けられ、約100席で食事ができる。

ウルトラマンやバルタン星人などのキャラクターにちなんだメニューも多く、店内にはオリジナル商品を販売するコーナーも。

msn産経ニュース 2014.3.13 20:33
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140313/trd14031320430017-n1.htm
続きを読む

【特撮/テレビ】ウルトラマンのNG映像、大量に発見される

1: ママのφ ★:2013/10/23(水) 21:32:14.61 ID:

 世界的にも知られる日本の特撮技術が生み出したヒーロー「ウルトラマン」の撮影で、40年以上前の いわゆるNGシーンのフィルムが大量に見つかり、専門家は「日本が発展させてきた特撮技術の舞台裏を 知ることのできる貴重な映像だ」としています。

 特撮はウルトラマンと怪獣の格闘など架空のシーンをミニチュアや合成を使って現実のように撮影する 技術で、今回見つかったのは、その撮影の過程で失敗したいわゆるNGシーンなどのフィルムおよそ 1時間分です。

 ウルトラマンを製作した「円谷プロダクション」の関係者の自宅に、40年以上、保管されていました。 このうち、ウルトラマンが怪獣を持ち上げて投げ飛ばすシーンでは、誤ってセットの木まで抜いてしまい、 撮り直しとなっています。

 しかし、その木には根が付いていて、当時、背景に本物の木を1本1本植えていた様子が分かります。 また、炎による攻撃がまったく効かないという設定の怪獣の撮影では、誤って着ぐるみが燃えてしまい、 スタッフがあわてて消火する姿が写っています。

 製作チームがあえて合成ではなく、実際の火を使うことでより現実的な映像に仕上げようとした様子が 分かります。

 特撮番組などに詳しい、評論家の氷川竜介さんは「当時の撮影現場を記録した動画はほとんど無く、 日本が独自に発展させてきた特撮技術の舞台裏を知ることができる貴重な映像だ」と話しています。


NHKニュースweb 2013年10月23日21時08分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131023/t10015504261000.html

続きを読む

【円谷】ウルトラマン・セブンに登場のすべての怪獣の商品化、20年かけついに達成!

1: おじいちゃんのコーヒー ◆I.Tae1mC8Y @しいたけφ ★:2013/01/19(土) 10:54:35.75 ID:

 
“『ウルトラマン』『ウルトラセブン』に登場した、すべての怪獣・宇宙人を商品化!”

コレ、かなりスゴいことなのである。というのも、バルタン星人やレッドキングなどの
人気怪獣は、昭和の時代から何度となく商品化される一方で、なかなか商品化の
機会に恵まれない怪獣・宇宙人も、それなりに存在する。だからこそ、マイナー
な怪獣も含めてすべての怪獣を勢揃いさせてみたい。そんな願いが、かなった。

ことの始まりは、1994年にさかのぼる。バンダイがカプセル自販機「ガシャポン」用の
商品として展開した、「HGシリーズ」の第1弾商品が、このウルトラシリーズだった。
その造型と塗装のクオリティの高さが話題となり大ヒット、次々シリーズが重ねられていった。
第1弾はバルタン星人やレッドキング、第2弾ではエレキングにゼットンと、
やはり当初は「手堅い」ラインナップだったわけだが、弾を重ねるごとに、
マニアが「おっ」と思うようなレアなキャラクターが入るようになってきた。
シリーズが重ねられていくと、種類も充実してくる。そして販売から10年目となる
2003年、シリーズが35弾まで進んだころにバンダイから、未商品化リストをホビー誌上で公開、
“HGシリーズ ウルトラマン・ウルトラセブン怪獣コンプリート計画”というサプライズが、
公に発表された。つまり、「ここまできたなら全部出しちゃおう」ということだ。

その後、着々とコンプリート計画は進んできたが、それでも未商品化の怪獣たちは、
まだまだ残っている。コンプリートにはまだまだ時間がかかりそうだと思われていたところ、
バンダイの公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」で残る未商品化の怪獣が、
セット販売されることが昨年末に発表され、一気にコンプリートが達成されることになった。
その名も、「HGシリーズ ウルトラマン・ウルトラセブン怪獣コンプリート計画 完結セット」。

イカソース
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1358320104076.html

続きを読む
最新コメント
おーぷん2ちゃんねる
おーぷん2ちゃんねる
記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ