オタクがばなんす

漫画・アニメ・ゲーム・フィギュア・同人・鉄道など、様々なジャンルのネタを2ちゃんねるで収集し、まとめて紹介するオタク系まとめサイトです。


アニメーター

【社会】 アニメーター「年収110万円」報道はウソ? 平均333万円、最頻値は400万円だった

1:ひろし ★:2015/05/02(土) 21:58:47.17 ID:???*.net
日本アニメーター・演出協会が実施した「アニメーション制作者実態調査報告書2015」が、4月29日に公開された。
2013年の年間収入は平均332.83万円、最頻値は400万円だった。

この数字は、NHKニュースが28日朝に「アニメ若手制作者 平均年収は110万円余」と報じ、ネットで大きな話題になったものとは乖離がある。
どちらが本当なのか。

■職種別集計から「動画」だけをピックアップ

NHKのニュースがネットに公開された途端、各ネットメディアが「過酷な労働環境」「超ブラック」「アニメ業界が抱える闇」などと取り上げ、読者からも「月9万なんてヒドイ」と批判の声があがった。

関係者によると、NHK大阪放送局が若手アニメーターの労働環境の番組取材をする過程で、公表前の「実態調査報告書」を早期入手。
28日に大阪で「アニメ制作者 厳しい労働環境」という番組を放送したが、同日に全国配信する際に見出しの変更が行われたようだ。

平均332.8万円では「貧困」のイメージが弱いと判断したのだろうか。
報告書別表の職種別クロス集計の中から「動画」に携わる人の平均年間収入111.3万円だけを取り出し、「ほかの産業に比べて極めて低い水準」としている。



■「総作画監督」の平均は563.8万円、「監督」は648.6万円

「動画」とはアニメ制作において、原画と原画の間の連続する一連した動きを作画する工程のこと。
画面に動きを出すために、大量の画を描かなくてはならない。動画で職歴をスタートさせ、それから原画や動画検査などに分かれていくことが多い。

フリーランスとして仕事に携わる人の割合も高く、作業を部分的に請け負う場合には年に数万円分の仕事しかしない人も。
それらを含む平均値を取り上げて「若手アニメーター=貧困」という構図で紹介するのは、アニメの現場に対する誤解を生む報道といえるだろう。

なお「動画」以外の平均年間収入は、「仕上げ」が194.9万円、「原画」が281.7万円。
「キャラクターデザイン」になると510.4万円、「総作画監督」は563.8万円、「監督」は648.6万円だった。

28日深夜に放送されたNEWS WEBでは、一転して全体と職種別の平均年収が正しく説明されるものに変更。
放送に対するツイートも、ほとんどが落ち着いた内容だった。

※下記リンクより一部抜粋。全文・関連記事はソースで
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20150430/Careerconnection_903.html
2:名無しさん@5月17日まで板ルール集中議論中:2015/05/02(土) 21:59:23.39 ID:uwwMjrNo0.net
それでも少ないような
5:名無しさん@5月17日まで板ルール集中議論中:2015/05/02(土) 22:01:05.73 ID:nTuLaWXd0.net
>>2
労働の量からすればそうだな
続きを読む

【エンタメ】 ジブリ、アニメーターをリストラ

1:トト◆53THiZ2UOpr5:2014/09/12(金)11:05:14 ID:WCXULyGMg
ジブリ、アニメーターをリストラ
2014年9月12日 07:12 (日刊スポーツ)

押井守監督(63)が11日、ファンが心配するスタジオジブリの今後について、同社の鈴木敏夫プロデューサー(66)を追及した。

都内で行われた自身の総監督作品「THE NEXT GENERATION-PATLABOR- 第4章」上映記念トークイベントに鈴木氏を招き、「ジブリ、どうするつもりなの?」「リストラしたいから、こうするの?」と、同社がアニメーターをリストラしていると暴露した。

鈴木プロデューサーは「本当の理由は、何を作るかが難しい。誰が作るか…これだよね。機が熟せば(新作を)またやってみたい」と吐露。

近年、約1年おきに長編映画を作ってきたサイクルの維持が厳しいことを示唆し、「日本だけで作品を作るのが、アニメも難しくなってきた。タイに優秀な人がいっぱい出てきている」とも語った。
(略)



※全文はmsnトピックス(日刊スポーツ)でご覧下さい。
http://topics.jp.msn.com/entertainment/general/article.aspx?articleid=5794120
続きを読む

【ネット】 「アニメ制作において石ころより役に立たないのが原作者という存在」アニメーターのツイートに批判

1:ばぐたMK-Ⅸφ◆FdDsU0B5ivx5:2014/06/02(月)22:48:52 ???
5月31日、アニメーターの首藤武夫さん(@takeo_st)が『Twitter』にて

「アニメ制作に於いて何一つ、石ころより役に立たないのが「原作者」という存在。役に立たないならまだしも、あの手この手で妨害工作を繰り出してくる輩がいる(-_-)。そんな数々の妨害にも負けず鋭意制作中です!#RAILWARS」

「あ(・_・)、誤解なきように言っとくけど、良い「原作者の先生」も居ますよ、世の中には。一切口を出さないとか、もう死んでるとかね。」

「原作者が現場に口出ししたいなら、自分でプロダクション作って人を雇って生活の保障もして…ってなると、どーしても手塚治虫先生コースになっちゃうね。業 界内では未だにアニメの低賃金が手塚先生の所為みたいに言われてて、下手すると素人さんまで悪口言い出す始末だけど、そんなことはない訳で。」

とツイートした。

現在は削除されているが、キャプチャー画像などが出回りまとめサイトなどでも拡散され批判が集まっているようだ。

漫画家の山本賢治さん(@yama_kenboboso)は

「アニメ制作に於いて何一つ、石ころより役に立たないのが「原作者」という存在。 役に立たないならまだしも、あの手この手で妨害工作を繰り出してくる輩がいる(-_-)。 そんな数々の妨害にも負けず鋭意制作中です」
ほんじゃテメェでオリジナルやれやカス

とツイート。



おなじく漫画家のぢたま某先生(@ditamabow)は

「へっへっ、石ころより役に立たない原作者でございますよ(口出しも妨害工作もしてませんが」
「そこまで言うからの理由があるんだろうけどねえ。俺はそういう現場は伝え聞く程度しか知らないし。」

とツイートしていた。

他にも、業界の方がこの件に関していろいろと反応するなどかなり話題になっているようである。

ガジェット通信
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/8895209/
続きを読む

【映画】 「アニメ映画ベスト100」が発表! アニメーターや監督などプロ100人が選出

1:トラネコ◆EDwr815iMY:2014/05/06(火)15:27:54 ID:YDZr2a8gQ
「アニメ映画ベスト100」が発表! アニメーターや監督などプロ100人が選出
映画.com:ニュース一覧
2014年5月5日(月)12時10分配信

情報誌Time Outニューヨーク版が、アニメ映画のベスト100(100 Best Animated Movies)を発表した。

詳細のソース
http://news.nicovideo.jp/watch/nw1055664?news_ref=top_topics_topic

ベスト50までは以下の通り。

1.「ピノキオ(1940)」



2.「千と千尋の神隠し」(2001)
3.「となりのトトロ」(1988)
4.「トイ・ストーリー」(1995)
5.「Mr.インクレディブル」(2004)
6.「ダンボ」(1941)
7.「アイアン・ジャイアント」(1999)
8.「白雪姫」(1937)
9.「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」(1993)
10.「ファンタスティック Mr. Fox」(2009)
11.「ビートルズ イエローサブマリン」(1968)
12.「アリス(1988)」
13.「ファンタジア」(1940)
14.「AKIRA」(1988)
15.「火垂るの墓(1988)」
16.「なんて素敵な日(It's Such a Beautiful Day)」(2012)
17.「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!」(2005)
18.「ロジャー・ラビット」(1988)
19.「レミーのおいしいレストラン」(2007)
20.「カールじいさんの空飛ぶ家」(2009)
21.「ファンタスティック・プラネット」(1973)
22.「ベルヴィル・ランデブー」(2002)
23.「101匹わんちゃん大行進」(1961)
24.「バンビ」(1942)
25.「ペルセポリス」(2007)

>>2へ)
続きを読む

【労働】 アニメーターは1日20時間労働、社会保険未加入も。 下村博文文科相「国内の優れたアニメーターが育ちにくい状況が指摘されている」

1:トラネコ◆EDwr815iMY:2014/04/25(金)17:57:26 ID:TpB1wJPEL
「世界に誇る日本のアニメ文化だが、制作現場の労働条件はきわめて劣悪だ」。



日本共産党の田村智子議員は24日の参院文教科学委員会で、アニメーション制作現場の深刻な実態を告発。東京都のアニメ制作会社「A‐1 Pictures」の男性アニメーター(当時28歳)が、2010年10月に過労によるうつ病が原因で自殺した背景に「月600時間(1日あたり20時間)労働」で、残業代も未払いという異常な労務実態があったことを示しました。

田村氏は、アニメーターの賃金は年収200万円未満が9割で、労働時間管理がなされず、社会保険も未加入という事例が多数あったと指摘。「労働条件改善の啓発を行うことが必要ではないか」とただしました。

下村博文文科相は、「国内の優れたアニメーターが育ちにくい状況が指摘されている」と答弁。労働環境の改善に取り組む姿勢を示しました。

詳細のソース
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-04-25/2014042504_03_1.html
続きを読む

【アニメ】夢なきアニメーターの劣悪職場に光は見えるか?会社の“追い出し”に抵抗する社員たちの絶望と執念

1: フッ化水素酸φ ★:2013/02/17(日) 14:53:07.63 ID:

連載第22回は、労働条件が劣悪なことで知られるアニメ業界を取り上げよう。
大手の制作会社の下には、無数の零細企業がひしめく。さらにその下には、年収100~200万円とも
言われるフリーランスのクリエイターがいる。零細制作会社の社員が明かす苦しい労働環境とは??

プライバシー保護のため、取材対象者の人物像が特定され易い情報を掲載しないよう、
編集に配慮していることをご了承いただきたい。

あなたは、生き残ることができるか?

今回のシュリンク業界――アニメ
今や世界に誇る一大産業となった日本のアニメ産業だが、国内市場はシュリンク傾向にある。
少子化や原作となる漫画雑誌の売り上げ減などの影響も考えられるが、不況によりアニメ制作の
仕事の一部を人件費が安い中国などにアウトソーシングする業者が増え、業界全体が
空洞化しつつあることが大きな要因だ。2011年の市場規模は前年比3%増の1581億円。
テレビアニメの制作数は2006年をピークに4年連続で下がり続けたが、2009年に底を打ち、
足もとでは回復の兆しが見えている。

大手の制作会社は、アニメーション制作を柱にしながら、著作権ビジネスや関連グッズの販売などで
業績を維持している。大手は1960年代からアニメ作品を海外へ輸出し、70年代にはすでにこうした
ビジネスモデルを本格化させてきた。

ただし、足もとで業績が好調な一部の大手も、売り上げは時折出る大ヒット作品に依存している
状態であり、かつての勢いはない。ヒット作を持続的に生み出せるかどうかは、今後の課題だ。
また、彼らの下請けとなる零細制作会社の経営環境や、そこで働く社員の労働条件は極めて深刻で
あるが、抜本的な解決には至っていない。

(以下省略)
http://diamond.jp/articles/-/31772

続きを読む

【社会】アニメ制作会社へ集団指導 過重労働対策に取り組むように指示…新宿・池袋労働基準監督署

1: あやめφ ★:2012/11/25(日) 18:36:17.64 ID:

東京の新宿・池袋の両労働基準監督署は、アニメ制作会社に対する集団指導を行った。
昨年100社あまりに実施したアンケートに基づくもので、36協定(3割)や割増賃金(2割)など
労働時間関係を中心に違反回答がめだった。アニメーターの長時間労働やサービス残業が
懸念されることから、適正な労働時間管理に加えて医師面接などの過重労働対策に取り組むよう
指示している。

労働新聞
http://www.rodo.co.jp/periodical/news/11192897.php

続きを読む
最新コメント
おーぷん2ちゃんねる
おーぷん2ちゃんねる
記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ