オタクがばなんす

漫画・アニメ・ゲーム・フィギュア・同人・鉄道など、様々なジャンルのネタを2ちゃんねるで収集し、まとめて紹介するオタク系まとめサイトです。


映画

【映画】 新ゴジラの脚本・総監督は庵野秀明、監督は樋口真嗣!

1:◆sRJYpneS5Y:2015/04/01(水)17:43:24 ???
今や世界中から注目を集める“ゴジラ”の日本版最新作の脚本・総監督を「エヴァンゲリオン」シリーズの生みの親である庵野秀明が務めることがわかった。

また、監督と特技監督は樋口真嗣が務める。樋口は高校卒業後に『ゴジラ』(84)のスタッフとして映画界入りし、『ガメラ 大怪獣空中決戦』(95)などで特技監督を担当した。監督としても『日本沈没』(06)『のぼうの城』(12)などの大ヒット作を生み出し、今年8月、9月には『進撃の巨人』2部作の公開が控える。

庵野と樋口は、30年来の盟友であり、2012年には庵野が企画、脚本を担当し、樋口が監督を務めた『巨神兵東京に現わる』が大評判を獲得するなど、2人が作り上げた作品の完成度は折り紙つきだ。



※下記リンクより一部抜粋。全文・関連記事はソースで
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150401-00000005-mvwalk-movi
2:名無しさん@おーぷん:2015/04/01(水)17:44:58 lsc
後味悪い終わりかたはいやどす
3:名無しさん@おーぷん:2015/04/01(水)17:46:09 Ktv
庵野さんはゴジラもやるの?
永井豪とウルトラマンが専門だと思ってたわ
続きを読む

【興行成績】 映画ランキング : 「機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル」初登場7位にランクイン

1:衛星軌道中立帯@はやぶさφ ★:2015/03/03(火) 16:00:52.69 ID:???.net.net


大人気ロボットアニメのシリーズ最新作「機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル」が、全国13スクリーンで公開され、1スクリーンあたりの興収で非常に高い稼働率を記録し初登場7位にランクイン。その人気の高さを維持している。

※下記リンクより一部抜粋。全文・関連記事はソースで
http://eiga.com/ranking/
2:なまえないよぉ~:2015/03/03(火) 16:02:32.50 ID:PaTP3r90.net.net
さすが赤いふなっしー
3:なまえないよぉ~:2015/03/03(火) 16:04:20.53 ID:Ed2gwaSF.net.net
絵が安彦良和に戻ったから、古いファンの支持が大きそうだな。
続きを読む

【映画】 「マクロス」再編アニメ『ロボテック』米実写版、再始動! 脚本家が決定

1:えりにゃんφ ★ :2015/02/07(土) 00:03:30.88 ID:???.net
アメリカのハーモニーゴールドUSA社が、日本のアニメ『超時空要塞マクロス』『超時空騎団サザンクロス』『機甲創世記モスピーダ』の3作品を再編し、1980年代にアメリカでテレビ放送され人気を博した『Robotech(原題)』。かねてより浮上しては沈んだハリウッド実写版の企画が、遂に再始動するという。DeadlineやColliderなどが報じた。

米ワーナー・ブラザースで何度か試みられていた実写映画化が、ワーナー・ベースの製作会社ハリウッドギャング・プロダクションのジャンニ・ヌナリとマーク・キャントンの製作で進められるという。脚本は『300 <スリーハンドレッド>』(07)や『G.I.ジョー』(09)のマイケル・B・ゴードンが執筆するとのこと。監督は未定だが、製作側は『MAMA』(14)のアンディ・ムスキエティの起用を望んでいるそうだ。

2007年頃より、サム・ライミ版『スパイダーマン』シリーズの俳優トビー・マグワイアや『ニューヨーク 冬物語』(14)のアキヴァ・ゴールズマンらにより実写版の製作が進められ、2013年にはCMディレクターのニック・マチューがメガホンを取ると伝えられた。その後、話は立ち消えになっていた。



※下記リンクより一部抜粋。全文・関連記事はソースで
http://www.crank-in.net/movie/news/35191
続きを読む

【映画】 長編劇場版『パトレイバー』は「首都決戦」 首都襲撃映像解禁

1:えりにゃんφ ★ :2014/12/05(金) 21:24:00.44 ???.net
人気アニメ『機動警察パトレイバー』の完全オリジナル実写化作品『THE NEXT GENERATION パトレイバー』の最終章となる長編劇場版のタイトルが『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』に決定し、来年5月1日より公開されることが4日、明らかになった。

アニメ版を手掛けた押井守監督自身の監督・脚本により、最新鋭4Kカメラ撮影による高精細映像と、日本映画初となるドルビーアトモスによるド迫力サラウンド音響を擁して、現在鋭意制作中。



※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
http://www.oricon.co.jp/news/2045503/full/

続きを読む

【映画】 劇場アニメ『楽園追放』、オリジナル作品で1億円超え達成 異例のヒット

1:えりにゃんφ ★ :2014/12/02(火) 12:56:55.41 ???.net
『機動戦士ガンダム00』の水島精二監督と『魔法少女まどか☆マギカ』の脚本家・虚淵玄氏(ニトロプラス)によるオリジナル劇場アニメ『楽園追放 -Expelled from Paradise-』が、異例のヒットを記録している。

上映劇場数わずか13館という小規模展開にも関わらず、公開初日の11月15日から同29日までに興行収入で1億円を突破した。初週の土日2日で動員1万7274人、興行収入2900万円を突破した同作は、その後も好調な動きをみせ、3週目の土日(同29日・30日)にも9810人を動員。同30日までに累計で動員6万5854人、興収1億772万5100円となった。

同作は、原作付きでもなく、テレビアニメの映画化でもなく、もちろんシリーズ物の続編でもない、完全新作。企画・製作は『ドラゴンボール』『ONE PIECE』『プリキュア』などで知られる東映アニメーションで、『パンダの大冒険』(1973年)以来、約40年ぶりの劇場オリジナルアニメ作品になるという。



※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
http://www.oricon.co.jp/news/2045340/full/
続きを読む

【パズル】 人気ゲーム「テトリス」がまさかの映画化!

1:ちくわ部φ ★:2014/10/01(水) 14:13:59.37 0.net
1980年代から1990年代にかけて世界で大流行したパズルゲーム「テトリス」が映画化されることが明らかになった。

「テトリス」のライセンスを所有するTheTetrisCompanyが発表した。

発表によると、同社と人気テレビゲームの実写映画版『モータル・コンバット』(1995)などを手掛けたThresholdEntertainmentがタッグを組み、製作を進めているとのこと。

監督やキャストは決まっていないようだが、ThresholdEntertainmentのCEOラリー・カサノフ氏は「壮大なSF大作になる。『テトリス』をより想像力あふれるものにするストーリーを考えている」とWallStreetJournalに語っている。

登場人物やストーリーのないパズルゲームが果たしてどのように映画化されるのだろうか。



http://www.cinematoday.jp/page/N0066841
続きを読む

【映画】 『宇宙戦艦ヤマト』がハリウッドで実写映画化决定、西崎彰司は製作総指揮に

1:えりにゃんφ ★:2014/09/08(月) 12:08:05.59 ???.net
1974年のTVアニメ放送から40周年を迎え、今なお世界中の人々を魅了し続けている『宇宙戦艦ヤマト』のハリウッド実写版『STAR BLAZERS』(仮題)の製作が本格始動したことを、日本の権利元であるボイジャー(代表:西崎彰司氏)が8日、正式に発表した。

『宇宙戦艦ヤマト』は、日本で1974年にTVアニメの放送がスタートし、1975年の再放送時には視聴率50%超えを叩き出す国民的アニメへと成長した。その後のアニメーション映画もヒット作が続き、2012年より『宇宙戦艦ヤマト』第1作をベースに、出渕裕総監督ら新たなスタッフで制作された完全新作アニメーション『宇宙戦艦ヤマト2199』を始動。

2014年10月11日よりTVシリーズを新たな視点で再構築した特別総集編『宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海』、12月6日には完全新作ストーリーのアニメーション映画『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』の公開が控えている。

そして、日本だけでなくアメリカでも『STAR BLAZERS』として1979年9月から1984年4月までテレビ放送され、海外にも多くのファンを生み出している。

今回のハリウッドでの実写化企画は、『ワルキューレ』(2008年)や『アウトロー』(2012年)、『ユージュアル・サスペクツ』(1995年)などヒット作を手がけてきたハリウッドの鬼才、クリストファー・マッカリー監督が、自身の夢だったヤマトの実写映画化を叶えようと、自身と縁の深いハリウッドの映画製作会社「スカイダンス・プロダクションズ」に企画を持ち込んで決定したという。

配給は、ハリウッドのメジャースタジオになる予定で、大規模な世界配給にむけて、巨額の製作費が投じられるプロジェクトとして始動。さらに、今回のプロジェクトには『宇宙戦艦ヤマト』のプロデューサーである西崎彰司氏が製作総指揮として加わる。

マッカリー監督は現在撮影中の『ミッション・インポッシブル5』が完成し次第、『STAR BLAZERS』の制作に本腰を入れる予定。

『ユージュアル・サスペクツ』で第68回アカデミー賞脚本賞を受賞している人物だけに世界の期待値は高く、スカイダンス・プロダクションズが手がけた大型作品『ミッション・インポッシブル』シリーズ、『スタートレック イントゥー ザ ダークネス』(2009年)の予算規模に匹敵する超大作になるという。

(中略)

■タイトル:『STAR BLAZERS』(仮題)
■監督:クリストファー・マッカリー
■製作会社:スカイダンス・プロダクションズ
■エグゼブティブプロデューサー(製作総指揮):西崎彰司、デイビッド・エリソン
■プロデューサー:ダナ・ゴールドバーグ、クリストファー・マッカリー、ジョシュ・ケイ・クライン
■公開日:2017年~2018年頃

(c)西崎義展/2014宇宙戦艦ヤマト2199製作委員会
(c) 2014 Skydance Productions, LLC.

※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140908-00000043-mycomj-ent

続きを読む

【アニメ】 「攻殻機動隊」 2015年に新劇場版公開へ

1:yomiφ ★:2014/09/06(土) 23:56:30.04 ???.net
劇場版アニメ「攻殻機動隊ARISE border:4 Ghost Stands Alone」(工藤進監督)の初日舞台あいさつが6日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(東京都港区)で行われ、同アニメの企画、制作を行っている「Production I.G」の石川光久社長の手紙が読み上げられ、2015年に新劇場版が公開されることが発表された。

発表されると集まった観客からは拍手が起こった。
舞台あいさつには声優の坂本真綾さんらキャストが登場した。

新劇場版の公開は、5日にニコニコ生放送で中継された「ARISE border:4」の前夜祭や、この日行われた初回上映の舞台あいさつで触れられていたが、石川社長の手紙は、午後に行われた舞台あいさつで初めて公表された。

石川社長は手紙で
「士郎正宗さんのマンガ『攻殻機動隊』が誕生して25年、この世界を表現した劇場版『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』(押井守監督、1995年公開)から20年、この歴史に続く『攻殻機動隊 新劇場版』に挑戦することをここで発表します」
と宣言した。

詳細については今後発表される予定。



※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
http://mantan-web.jp/2014/09/06/20140906dog00m200016000c.html
続きを読む

【文化】 日本のゲーム史に名を残した名作「スペースインベーダー」がついに映画化

1:兄者P提督◆oVQwBwg15o:2014/07/22(火)15:22:53 ID:1AatzLxzP
1978年に株式会社タイトーから発売され、社会現象を巻き起こした伝説のゲーム「スペースインベーダー」の映画化が迫っています。

映画やテレビなどのエンターテインメント専門のメディアTheWrapが「映画会社のワーナーブラザーズがスペースインベーダーの映画化権を獲得し、映画化に向けて始動」と報じました。

Akiva Goldsman to Produce 'Space Invaders' for Warner Bros. (Exclusive) - TheWrap
http://www.thewrap.com/akiva-goldsman-to-produce-space-invaders-for-warner-bros-exclusive/

TheWrapによると、スペースインベーダーの映画化権を獲得したワーナー・ブラザーズは、「ダ・ヴィンチ・コード」や「ビューティフル・マインド」の脚本を務めたアキヴァ・ゴールズマン氏、「オール・ユー・ニード・イズ・キル」の脚本家ジョビー・ハロルド氏、「アウェイク」に共同プロデューサーとして参加したトリー・タネル氏の3人をすでに同作品のプロデューサーに決定したとのこと。



続きはこちらから↓GIGAZINE
http://gigazine.net/news/20140722-space-invaders-film/
続きを読む

【映画】 ガチの『ストリートファイター』オタクが制作した実写映画、8月2日に公式お墨付きを得て劇場公開決定!

1:兄者P提督◆oVQwBwg15o:2014/07/10(木)09:30:57 ID:2fRSp6WgS
2010年に動画サイトで公開され、累計500万再生を超えるほど注目された、ファンムービー『ストリートファイター』。

その制作チームがカプコンからのお墨付きを得て、実写映画『ストリートファイター 暗殺拳』を8月2日1回限りで劇場公開を行います。場所はヒューマントラストシネマ渋谷(渋谷区渋谷1-23-16 ココチビル)。

『ストリートファイター』はこれまで2度ハリウッドで実写化されています。

しかし、ファンの間ではその出来に不満を感じる人が多かったようで、そこで作られたのが2010年公開のファンムービー。あまりお金がかけられていないにも関わらず、ファンならではのこだわりが随所に光り、多くの人から賞賛をうけました。



その制作チームが4年をかけて挑んだのが、公式お墨付きの映画。

監督は大の『ストリートファイター』ファンである、ジョーイ・アンサー氏が担当。実は彼、本業は俳優さんで、映画『ボーン・アルティメイタム』では、主役のボーンを追い詰める暗殺者として出演したりしています。

今作では前作のファンムービーに続き、ファンならではのこだわりを細部にまで散りばめ、よりゲームの世界観に近づけることに挑戦。CG無しのクールな格闘シーンは一番の見所。

続きはこちらから↓おたくま経済新聞
http://otakei.otakuma.net/archives/2014070903.html

画像
続きを読む
最新コメント
おーぷん2ちゃんねる
おーぷん2ちゃんねる
記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ